東京やその他の都市であれば、徒歩圏内に何店ものサロンが立ち並んでいるのですから、自分の都合に合った時間帯に空きがあるサロンを選ぶといいでしょう。なぜなら、時間も貴重なのですカラ。私たちみな、日々の仕事に追われ多忙である世の中なのに、わざわざ好き好んでサロンの長蛇の列に並ぶ必要はありません。その場ですぐにダウンロードできるアプリを用意しているサロンもあり、そのアプリ上でメニューやサービスが選べるようになっています。忙しい現代では、無駄な時間が多いサロンよりも、時間枠が指定できるサロンの方がより多くの顧客要望に応じることができるのです。

時間枠の指定ができるサロンでも、たまに時間が押してしまうことがあるので、おしゃべりで時間を無駄にしないためにも、美容師同士でタイトなスケジュールをこなす必要があります。おしゃべりではなく、質を落とすことなく、より多くのお客様に対応することに努めなければいけません。こういう場合に最も避けるべきことは、スケジュールを厳守するあまりにサービスの質が落ちることです。そういう場合、サロンはスタッフが足りていないか、あるいは、クレームを受けないほどに効率よく営業できる設備が不足しているか、のいずれかでしょう。

セルフケアで充実した時間を過ごそう

各サロンメニューの施術にかかる所要時間は、たいていウェブサイトに記載されていいますので、他の予定と調整をしながら好きな時間枠を選べます。過ぎてしまった時間というのは取り戻せないものですから、サロンで時間枠を選ぶ際には、最高のひとときを過ごせるよう、受けたいサービスが自分の納得いくものかどうか、事前に確認するようにしましょう。スケジュールを組む際には、あらゆる点を考えなければいけません。例えば、時間枠制のサロンを選べば、何かが長引いてしまった場合でも、自分が指定した時間内で全部が終わるので、その前後の予定が調節しやすいでしょう◎。

また、複数のメニューやサービスを受ける場合、トータルでかかる時間も、状況によって変わりうるので、各サービスごとの時間ではなく、すべての合計時間で考えておかないと完全に当てが外れてしまうことが起こりえます。例えば、美容トリートメントは、その人の肌に合わせて処置するべく、じっくりと時間をかけて行う必要があります。一目で分かるような効果が出る施術については、時間のことを気にするのをやめて、リラックスすることだけに集中すべきです。なお、時間枠制で営業するすべてのサロンは、お客様一人一人に合ったエステティシャンやスタッフを管理するべきです。スタッフ、注文、サービスのタイムライン、その他たくさんのことがきちんと連動するよう適切に監視し、お客様がスムーズにサービスを受けられるようにする必要があります。

そんなのはもう完璧にできている、というサロン運営者の方であれば、お客様が好きな時間にサロンサービスを利用できるように予約システムに時間枠を表示するようにしてみましょう。さらに、しっかりとした良質なサービスを提供することを心掛けてください。理想的な手順というものはないかもしれませんが、あらかじめ立てたプランにこだわり、戦略を評価・改善していくことが重要でしょう。